FC2ブログ
涅槃寂静【ねはんじゃくじょう】.in

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


→出来たら、ご投票お願いします。

あらしを呼ぶ

だいぶ放置したんだけど、内容の如何は問わないにしろ、原稿も漸く書き上がったし、なんだかんだ言って新入部員は来ないし(←)、取材は進んでないので、更新。
てか、今日は体力テストがあって、その結果はあんま聞いちゃいけないんだけど、その後は文芸部に行って、帰りに部長から僕の知り合いが二十台後半のおっさんと付き合ってるらしいという話を聞いた。
つい最近のことだけど、同じく知り合いでこのところ家出をしてる女の子が実はネットで知り合った男の家を転々としているという話を聞いたり、先輩が三十路過ぎであろうと思われる男と声チャで恋人ごっこを聞いていて、その度に世の中結構面白いな~と思っていたんだけど、今日のことも含め、まあとりあえずそれにしても随分と動揺しないもんだと僕は自分の反応に対して思う。
この前、ユングの性格診断を現社の時間にやったんだけど、流石にその時、内向感情と外向感情が群を抜けて乏しかっただけのことはあるのかもしれん。
どちらにせよ、ネットの普及で男の子と女の子の精神年齢の差は更に飛躍的に広がるのかもしれないと思った。
だって、たぶん、僕ひとりの想像力行動力の範疇では、そういうことは思いつきもしないもの。
僕はまだ暫くは傍観者に徹しようかと思いまする。

あ、話は変わるけれど、昨日はクレヨンしんちゃんの新しい映画を観てきました。
過去へタイムスリップする話はもうやったから、今度は未来なんだね。
話自体は実のところ、前回も前回だったし、あんま期待してなかったんだけど、意外とハラハラドキドキの面白い……わけもなく、案の定そうでもなかったです。
そういや、ヒロインの中の人が釘宮だったw
べつに僕は釘宮病患者ではないし、そんなに好きでもないんだけど、あの声で真面目な大人の女の人の役をやられるとある意味、拍子抜けしてしまったところもなくはない。
友達に、伊織ちゃんと大河がちらちらして大変だったという誠に正直な感想を申し上げたところ、「お前の頭は既に終わってる」とのこと。
ストーリーとして映画を観るならば、まあたぶん30点もあげられないんだけど、そもそもそういう感動を求めて観に行ったわけはなく、その前日まで原稿を書いていた気晴らしという意味で行ったので、良い気分転換にはなったかな~。
帰りに買った「東京島」の文庫版の所為で、明るい方には今ひとつ向かわなかったけどなw

そんなこんなで、それなりに充足してますん。
スポンサーサイト


→出来たら、ご投票お願いします。

所詮

今年度も無事に始まって、まあ僕は今期はとりあえず、「WORKING!!」は原作が好きだから、ちょいちょい観てて、あと、「荒川アンダーザブリッジ」も観ようかな~それにしても、OP、相対性理論か~、てか、やくしまるえつこの声ってちょっと岡崎律子に似てるかもなんて思ってる今日この頃です。
特に「伝えたいことがあるんだ」なんてこともないんだけど、部活の方では一年生が仮入部期間とのことで、我が放送部も新入部員集めに奔走してる次第。しかし、人が来ない。
今のところ、二人来たんだけど、二人とも次の日は来なかったし、打って変わって大盛況の文芸部の方に来ていた自称「放送部にも入りたい」男子は、見学にすら来ないと言う……。
てか、やっぱ先輩が悪いんだよな~。文芸も放送もテンションが少しおかしい人がいる。
慣れてしまった身からすると、まあいつも通りなんだけど、始めて来てみた場所で勝手に自分ルールやってる人がいたら、そりゃ敬遠もするって。
そんなこんなで、どうなんかね~。微妙。目標はとりあえず男女バランス良く、3,4人ってとこだけど、この際、一人でも入ってくれれば御の字な感じの自分がいて、考えてみれば、中学の時も自分の次の学年は入りが非常に悪かった思い出があるので、あああってなってます。
泥沼だよ、結局、無限ループだよって。
何が悪いのか。僕に悪いところがあるのだったら、自分では分からないので、教えて欲しい。
所詮って言葉で終わりにしたくはないので。


→出来たら、ご投票お願いします。

あれはたぶん、青春ごっこ

このところ、起こったことをまとめて話す。
本当はもっと早く書きたかったんだけど、生憎ここ一週間ほどパソコンを修理に出していたり、旅行に行ったりしていて、あんまりネット環境が良くなかったんだ。
そういえば、ネットが使えない生活というのは思いのほか不自由と言うか、有意義で、結構色んなことが出来るもんだな~なんて思った。てか、最近はマジでPCに時間を浪費しすぎたように思わなくもない。
そもそも、なんでちょっと外装が壊れただけのAppleBookを修理に出しに行こうかと思ったかと言うと、実はその数日前に3年強愛用していたiPodが壊れまして。
近所の本屋へNARUTOの最新刊を立ち読みに行って、そこで大音量で使用していたら、唐突にハードディスクがぷっつり逝ってしまったのです。
基本的に通学の際に使う都合上、音楽を聴かない日はないに等しい僕にとって、iPodが壊れるというのは致命傷なわけでして、そんでまあ、直ったらいいな~と思って、前々から損傷の気になっていたパソコンと一緒に修理に出しに行くことにしたわけだ。
んで、色々と頼んではみたのだけれど、流石に旧世代のclassic、既に在庫がないので交換もままならないと言われたので、結局、貯金を切り崩して、touchの16GBを買った。
それが、約一週間前のこと。
overview_touch_music.png
ちなみにノートパソコンは基盤も少しいかれてるらしかったので、預けてきて、今日、漸く帰ってきました。
銀座のアップルストアに行ったんだけど、あの街は苦手すぎる。大人の街って感じで。

そういや、それでノートパソコンを修理に出して生まれたこの有意義な一週間のうち、三日間は友達四人と長野へ旅行へ行ってきました。
目的は、六年に一度行われる御柱祭を観に行くこと。要は、夏の旅行と同じく、なんか面白そうだから行ってみようぜってノリで、友達の家族旅行に部外者三人で同行して行った感じ。
正直な話、御柱祭自体は、すげー待ったので、疲れたのだけれど、旅行自体は楽しかった。
というのも、ここでその理由を全て書くにはあまりに膨大かつ下らなさ過ぎて、出来ないんだけど、まあ、貴重な体験が祭りのこともあるし、それ以外でも色々出来たから。
そのうちの一番大きなことをとりあえず記す。
あれはたぶん、青春ごっこ。

一日目の夜にホテルに着いた僕らは夕食も済ませたし、温泉にももう浸かって、部屋に入ってだべってたわけだ。
実はその前日、僕らの四人のうちの一人、たまにここでもコメントするやつは幼稚園の時の同窓会に行って、そこで、初恋の相手(?)と運命の再会を果たしていたらしい。そんで、メールアドレスを交換していて、良い感じにメールのやり取りも進んでいた。
それで、そのことを僕ら、他の三人も知っていたので、段々深夜の謎のテンションタイムに突入するにつれ、「俺らの頭脳を駆使して、会話を良い感じに進めて、二人をくっつけちゃおうぜ」って感じになった。
まあ、如何せんその手のことに疎い僕らだが、「この語尾は丁寧に見えて、返って距離を産んでしまうんじゃないか」とか、「何気なく、恋人がいるか聞き出すんだ」とか、色々考えて、その成果か、時間が経つにつれ、ちょっといい感じの雰囲気になってたんだ。
どうも、その日は向こうも旅行に行ってるのか、家にはいなくて、しかも徹夜をするつもりだったらしい。まあ、そこで気付くべきだったんだけど、早くも時計の針は回り、深夜三時。
流石に僕らは疲れてきて、「なあ、そろそろ辞めて、寝ない?」って感じになってきていた。だから、メールをしていた当人は「そろそろ寝ようかなと思ってる。明日ね」っていうメッセージを送ってベッドに行こうとした。
しかし、そこに来て、「分かった。じゃあ、最後に電話しよ」との文字と、電話番号の記述が入った返信がw
唖然とする僕ら。とりあえず、これ以上はサポート出来ないから、ということで、当人に完全に通話は任せて、向こうでなにがしかの成功を祈っていたんだけど、「ちょっとした会話」にしては少し長過ぎる時間が経って、漸くその当人が戻ってきた。そこで一言。
「告白した」
盛り上がる僕ら。「もう、寝なくていいんじゃね?」って感じで青春まんせーする馬鹿ども。
彼女の応答は少し後に送るとのことなので、男四人、語り合っていたんだ。
それから結局随分喋ってしまって、暫くして。
「ごめんなさい」
がびーん。でも、まあ、個人的には何となく、そんな気がしていたところもあったので、そんなにショックはなかった。
何故って、実はその前のコーリングタイムで他に分かってしまったことがあったから。

実は実は、こっちが四人集まれば文殊の知恵状態だったように、向こうも四人で対応してたってことが分かってしまったんだw

なんか、一先ず、その一件が終結してから考えるに、その一晩の間、僕ら四人もたぶん、向こうの彼女ら四人もノリだけで生きてたところがあるんじゃないかな~と思う。
マジで、それは青春で、愉快だな~と思った。

その後、僕らは風呂に入って、二日目の観光をしに行った。が、疲労がマックスだったのは言うまでもない。
てか、柱が転がってく時間がゆっくり過ぎる。最強の焦らしプレイだと思った。
その夜はプールに行って、水中腕相撲やったり、奇妙なポーズとったりと、品性が問われることをやって、夜はなんだかんだ言って、ぐっすり眠ってしまって、三日目も、観光をして帰ってきた。

なんだか、本当にどうでもいいことやって滅茶苦茶喋ってるだけで終わってしまったけれど、またこういうことやりたいな~と思ったんだぜ。
旅行から帰ってきて次の日は始業式ではないんだけど、登校日で、僕は晴れて二年生になりました。
でも、旅行中にまた一歩大人になった気がするので、べつに怖くなんかありません。
……はっ、旅行は、二年生になる為の伏線だったのかっ!

そんな感じでする。
その他の今回書いた以外の話もおいおい書きたいな~。


→出来たら、ご投票お願いします。

 | HOME |  »

Menu


プロフィール

歌詞911(ウタコトキュウジュウイチ)

Author:歌詞911(ウタコトキュウジュウイチ)
どうも。当ブログに記述されていることは、あくまで個人的な意見や感想ですので、あしからず。


最近の記事


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する

詳細

リニューアル後、
日経過

RSSフィード


カウンター


Only One

SEO対策 | ブログパーツ

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。